福祉 身近

福祉は人ごとではなく、とても身近なもの

福祉というと、自分にはあまり関係のないことだと思っている人も多くいると思います。
時々テレビで特集をされていたり、ニュースで見たりという風な、まじめな事のように感じているように感じます。
しかし福祉は普通に生活している中でも非常に生活に密着している身近な事なのです。
例えば障害者についてみてみると、障害と一言で言っても障害にはさまざまな障害がありますし、外見的にわかる障害を簡単に考えそうですが、見た目外見では障害者であるとわからないようなこともあります。
また、生まれつきの障害もあれば、事故などで突然障害者となったり、その時期というのも、子供時代に障害者になる人もいれば、社会人として、働くようになってから障害者になる人もいます。
また、テレビなので障害者の特集などが組まれていると、気持ちが清く、障害を持っているという状況でもこんなに努力して頑張っているという事で包装をされがちですが、特別な人ではありません。
みんな普通なのです。
そういった意味で、障害者、福祉は普通であり、身近な存在なのです。

Copyright© 福祉 身近 All Rights Reserved.