福祉 身近

福祉は身近な存在と考える

福祉は、高齢化社会となった現在、これから超高齢化社会となる将来に考えられる問題です。
現在、福祉関係の仕事は人材不足です。
これから高齢者は益々増加していきます。
自分の家族も高齢になり、身近に考えなければならなくなります。
介護施設や高齢者住宅、老人ホームなども不足して人材も不足しているので、高齢になった時や家族が高齢になった時に利用できない可能性もあります。
将来的に介護の必要性があると考えておいた方が良いでしょう。
福祉関係の資格取得をハローワークや専門学校などで募集していますので勉強することも役に立つことがあります。
将来的に考えると職業としても活躍する場も多いですし、自分のこととして考えても役に立ちます。
決して他人事ではなく、身近な問題として考えておくと良いです。
人は生きている限り歳をとり、高齢者になります。
介護だけでなく、病気にもなりやすいので注意しておきましょう。
高齢者に優しいお手伝いができると良いです。

Copyright© 福祉 身近 All Rights Reserved.